スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北~最終日~9th Sep 2007

いよいよ最終日。
飛行機は午後15時過ぎの便なので、朝はゆっくりできました。
朝食は、2日目に行った豆乳屋さんで。
ここのお兄ちゃんがほんといい人で、「今日帰るんだ」と言ったら、肉マンをサービスしてくれました☆
そのあと台北駅に向かい、空港行きのバスに載って空港へ。
飛行機は定刻に出発、順調に日本に到着しました。

今回の旅は全てが順調だったといってもいいかも!
たいしたトラブルもなく、行きたいところはほぼ全部行けたし(もちろん行きたいところは挙げればキリがないのだけど)、仕事のことや現実をしばし忘れてとても癒された旅でした♪
一緒に言った友達とは旅行に行くのは初めてだったけど、ケンカすることも、嫌な思いをすることもなく(相手は分からないけど…)楽しく過ごせたので、それも良かったな。

こんなかんじで大満足の旅でした☆
台湾、今度はいつ行けるかな~。まだまだ行きたいところ、食べたいものは尽きません!!!
スポンサーサイト

台北~3日目~8th Sep 2007

この日は故宮博物館に直行。小籠包食べてばっかりでは、何しに行ったの?と言われかねないので(笑)、とりあえず有名どころを押さえとこうと出かけました。
友達も私も芸術より食い気、だったのですが、行ってみたらやっぱり圧巻でした。
かの有名な「翠玉白菜」はやっぱり綺麗だったし、景徳鎮の陶器の美しさは見とれるほどでした。
年代ごとに移り変わる陶器の特徴とかは面白かったし、イスラム文化のコーナーは中国文化との違いが顕著で興味深かったです。
が、そんな芸術も空腹には勝てず(朝から何も食べてなかったので)早々に切り上げて『点水楼』へ。
タクシーの運ちゃんに「点水楼に行って~」と頼むと「ブーハオツー、ブーハオツー」と連呼され、ハオツーって何?と思ったら「好吃hao3chi1」のことだったのね…
「ここはおいしくない、おいしくない。もっといいとこ知ってるよ!」って言われたけど、変なとこに連れてかれても困るし、、、と思い「でも私たちは点水楼に行きたいの!」と主張したら案外あっさり「分かった、分かった」と引き下がった運ちゃんなのでした。
さてさて。ここが最後の小籠包です。お昼時だったこともあるだろうけど、ここが一番観光客が多くて賑わってました。
今まで食べた中で一番皮が薄いかんじ。どれも美味だったけど、私はやっぱり『京鼎楼』が一番好きかなー。スープの味が一番好みかも。肉そのものは『鼎泰豊』のがジューシーな気がしますけど。『美人湯包』も忘れ難いお味。
それにしても、『点水楼』は店内が凍りつくかと思うほど寒くて、味わうより何より早くここから出たい!と思っていたのは内緒です…(笑)

この後は特に行き先を決めてなかった私たち。
ガイトブックによれば近くに『行天宮』があるので行ってみることに。
入口近くに水道があって、みんなざるを持って洗っていて、何事?と思いながら中に入っていくと、、横に並んだ木のテーブルの上にお供え物がズラーリ。あの水道でみんなお供え物の果物を洗っていたのです。
長ーいお線香をもらってはみたものの、お参りの仕方がよく分からず。。。とりあえず見よう見まねでお参り。どうやら反対側でも同じことを繰る返すらしく、とりあえずやってみました。おみくじでもやりたかったけど、どうすればいいのか分からずそのまま退散…

連日歩きっぱなしでかなり疲れていたので、行天宮の近くにあるマッサージ通りみたいなところで足ツボマッサージをやってみることに。どこにしようかなー悩んでいるととあるお店の看板の前でおばちゃんに中国語でベラベラ話された…
早すぎて全然分からなくて、日本語で聞き返したら「アラッ、日本人デシタカ!台湾人ニ見エタ。台湾人ポイ顔シテル」と言われた。。えっ、私って台湾人ぽいんだ!?初めて言われました。
案の定モーレツに痛かった!胃腸が弱ってるといわれたけど、それは連日の小籠包選手権のせいでしょう、きっと。。。

マッサージのおかげでかなり足は軽くなり、リーホンコンサの時間を確認しに、台北駅近くのCD屋さんへ。
出発前にリーホンファンのお友達から、私が滞在中に中正紀念堂で野外コンサートがあるよ!と教えてもらっていました。
ほんとはこの時間は、出張で台湾に来る会社の人と食事の約束があったのですが、急遽出張がなくなったとのことで、予定がなくなったのです。
ひそかにラッキー!!と思った私。。。笑。だって、リーホンコンサみたかったんだもの!!

コンサは18時半から。駅前のカフェで時間つぶして、17時半頃中正紀念堂へ。
ちょっと遠目だけど、階段に座って待つこと1時間。全然始まる気配なし。。。
結局始まったのは19時40分ぐらい。
『色・戒』でベネチアに行ったこととか、アルバムタイトルのように今年は自分を変えなくちゃとかそんなことを話してました。もっと勉強してMCが聞き取れるようになりたーい!と切に思いました。
『愛在[口那]裡』では曲の合間に「Oh~、愛在Zhe裡!!」とか言ってファンと握手したり、リーホンはノリノリで楽しいコンサでした☆

コンサが終わってから『好記担仔麺』へ。
ここはガイドブックにも必ず載ってるとこですが、『新純香』の店員さんがおいしいからオススメ!と教えてくれたので行ってみることに。
考えたら初めて小籠包以外の食事!?
看板の担仔麺、おいしかったでーす☆
小さめサイズがもうちょっと食べたい!という気にさせてくれていい感じです。
当初は最後に士林夜市に行く予定でしたが、ここで友達と長々おしゃべりをしてしまっため、けっこういいお時間に。
ということで夜市はあきらめて帰途に着きました。

台北~2日目~7th Sep 2007

1日目は疲れていたにもかかわらず、なぜか寝付けませんでした。友達は「あまり眠くないかも~」とか言いつつも、そう言った5秒後には深い眠りについてましたが…(笑)
隣の部屋の人がけっこううるさくて、ドアの開け閉めとかもう少し気を使って欲しいな~とか思いつつウトウトしていると、、、地震があったんです!!
けっこう大きい揺れに感じて、しかもけっこう長い間揺れてて。もう少し続くようなら友達起こすかなーと思ってるうちに止まりました。
朝友達に聞いたら、案の定まったく気付いておらず。もしかして夢だった…?とちょっと不安になった私。パピヨンの人に会ったら聞いてみようと思いつつ結局聞くの忘れちゃいました。
(日本に帰ってきてから調べたら、やっぱりほんとでした。けっこう大きいと思ってたけど、震度3でした。。。)

さてさて、2日目。まずは腹ごしらえ、ということでお友達オススメの豆乳屋さん、『永和豆漿』へ。
鹹豆漿(しょっぱい豆乳。スープみたい。お腹に優しく朝に最適☆)と氷豆乳(甘い豆乳の冷たいバージョン。甘さがひつこくなく、すごいおしかった☆)を頼みました。
家族で経営してる温かい雰囲気が◎。とくに若いお兄ちゃんが優しくて好青年でした。

まずはCD屋さんであれこれCDを購入。その後、これまたお友達に教えて頂いた十字軒を目指しました。
会社の部の人たち用にパイナップルケーキ購入。
もちろん自分用にも。お腹すいてたので、買ったそばから食べ歩きしちゃいましたが、聞いていた通り、まわりの皮が美味☆
しっとりしていながら適度なぱりぱり感が絶妙です。
会社の人たちからも好評でした☆☆

小腹が空いたので『鴉片粉圓』へ。
地図と住所を頼りに探したけど、なかなか見つけられなかったこのお店。人に聞いても「不知道!」とかみんな言うし。
でも、若い子に聞いたら知ってて無事たどり着きました☆
私はオススメ通り「綜合紅豆」を、友達は「鴉片粉圓」を頂きました。
一見、あんみつなどに入ってる牛皮のようなおイモがほんとに美味しかった~♪♪
昨日から続けてけっこう歩いていたので、疲れていたためここでかなり長くまったり休憩しました。

その後、トイレに行きたくて入った向かい側にあるファッションビルで思わず色々と物色。
友達がラコステでスニーカーを見てたんだけど、可愛かったから色違いで私も買っちゃいました~。

さて、またまたお腹が空いてきた私たちはいざ『鼎泰豊』へ。
時間が15時か16時くらいだったので空いてて並ぶことなく入れました。『鼎泰豊』のショウロンポウもやっぱりおいしいですね!
食べてから永康街をぶらぶら。
ここ、レトロな感じと現代のおしゃれな感じが混ざり合ってて雰囲気がすごくイイ!気に入りました。
ここにきたらはずせない!ということで『冰館』で「超級芒果牛奶冰」を。く~満足満足。

現時点で世界一の高さの夜景を見に台北101へ。
ちょっと距離があるのでタクシーで行くことにしました。
夕暮れ時、タクシーの中から前方に見える101がだんだんと近付いてくる様子はとても綺麗でした。
しかも!!運転手さんがクラシックのテープをかけてくれたりなんかして!
しばし喧騒を忘れてうっとりとしちゃいました。

やっぱり夜景は綺麗でしたが、台北ってあまり高い建物がないので、そういう意味ではN.Yとかロンドンのが綺麗だったかなーという気が。
帰り際、エレベーター前にテレビカメラが数十台並んでて、何事?と思ったら姚明が来るとのこと。
ちょっと待ってみたけど、中々来る気配がないので帰ってきちゃいました。

台北~1日目~6th Sep 2007

待ちに待った台北へ、9時20分発のエアーニッポンで旅発ちました。定刻通りに離発着し順調順調!
台北は暑すぎず寒すぎず。曇りでしたが雨は降っておらず。
滞在中、ずっとこんなかんじの天気でした。歩き回るにはちょうと良かったかな。
空港から台北市内へはバスで行ったのですが、こちらもあっという間に着いちゃった気が。
でも、このバスがとにかくボロくて笑えました。乗る時に運ちゃんに「ここで降ろして」と頼んだのですが分かってるんだかアヤシイ。そしたら、チケット切りのおじちゃんが横から口添えしてくれて分かったみたい。
それにしても90元という安さ、日本でも見習ってほしいわ。。

宿泊先はパピヨンステイ。とりあえず荷物を置いて、腹ごしらえ!ということに。(機内食食べなかったので、さすがにお腹空いてた)
腹が減っては戦はできぬ、ということでとりあえず近場で食べてから行動開始することに。
ということでお友達に教えていただいた『天仁喫茶趣』へ。
オススメの東方美人茶入りのショウロンポウ「美人湯包」と緑茶入りのショウロンポウ「海鮮湯包」、そして私は「抹茶冰淇淋奶」、友達は「焦糖珍珠美人」を頂きました。
「抹茶~」は最初は抹茶味で後からジャスミンティのような香りと味が広がって思ったよりサッパリとしたお味でした。
友達が飲んだのはキャラメルの程よい甘さが美味☆でした。
なんといっても「美人湯包」がおいしかった~♪♪
これはぜひまた味わいたいお味です。

腹ごしらえを済ませてから、永楽市場へ。ここの隣に布問屋街があるのでそこが目的。友達がカーテン用の生地をみたいというので行きました。目移りするほどの大量の布地たち。
たくさんありすぎて、逆に選ぶことができす友達は何も買わずじまいでしたが、私はクッションカバーを買ってしまいました☆
ガイドブックによれば、一本向こうの通りは靴問屋街ということで行ってみたけど、う~んイマイチ期待はずれでした。

次なる目的地は『新純香』。自分達用とお土産用のお茶さがし。聞いていたとおり、店員さんは日本語べらべら。リクエストすると全部試飲させてくれました。
友達がお茶器セットが欲しいということで色々リクエストを出したのですが、長々と付き合ってくださってほんと親切で感じの良いお店でした。
自分用に東頂ウーロン茶と東方美人、ジャスミン茶を購入。
お土産には50g入りの小さいのを4種類ぐらい買うことに。
お茶請けのおいしさも聞いていたとおりでした♪
買ってくれば良かったなーと今後悔しております。。。

お茶選びにかなりの時間をかけてしまい、気がついたらけっこうなお時間。
夕食は『京鼎楼』へ。そもそも、今回の台湾旅行のきっかけはこの『京鼎楼』なのです。
一緒に行った友達と恵比寿の『京鼎楼』に行ったのですが、友達がたいそう気に入り、それ以来2週間に1回は行ってるかも(by友達)というほど。
じゃ、本店の味を食しに行こう!ということになったのです。
ということで今回の旅のテーマは「ショウロンポウ食べ比べ」ということになり、今後もショロンポウ尽くしですので、悪しからず。。。

観光客慣れしてる店員さんは愛想いいし、しかもけっこう可愛い&カッコイイお兄ちゃんたち。台湾、けっこうイケメン多いかも!?!?
ショロンポウのお味はもちろん満足満足。

その後は一旦パピヨンに戻ってから、士林夜市へ。
歩き回ってちょこちょこ買い物。
初日からかなり動き回ったので、この頃にはさすがに疲れが。友達はまだ元気だったけど(彼女は私より5つ年下)私はもうけっこうグダグダになり、もう帰っていい?とお願いして帰途についたのでした。

『2007東京・中国映画週間』で来日決定!

かなりのご無沙汰でした。すみません。。。

さてさて、今年もやってきましたこの季節、東京国際映画祭!
今年は提携企画で『香港映画祭』と『2007東京・中国映画週間』が開催されるのですが、なんと『2007東京・中国映画週間』で静蕾さん来日です☆☆
『傷城(傷だらけの男たち)』の上映で舞台挨拶です!!
なぜに今さら『傷城』なの?という気はしなくもなく。。。ごにょごにょ…

★10月20日(土) 『傷城』上映前に舞台挨拶

★10月21日(日) 開幕式に他のゲストととも登場!
         (『雲水謡』上映前の舞台愛挨拶)

※詳しくは公式サイトをご覧下さいませ。

頑張ってチケット取らなくちゃ!!!


さて、皆様にひとつお詫びが。
「静蕾迷BBS」が、30日以上書き込みなしで放置していたため、削除されてしまいました。。。
せっかく書き込みをして頂いたのに、申し訳ありません。。
新しくBBSを設置しようかと思ったのですが、現在は以前のように頻繁にチェックができない状態なので、BBSは設置しないことにしました。
こちらのブログ「静夢花開」は細々ながら続けていきますので、情報等ありましたら、こちらにコメントしていただけると嬉しいです。

更新が滞ってるからといって、静蕾さんファンをやめたわけでは決してありませんので、今後とも「静夢花開」をどうぞよろしくお願いいたします。
プロフィール

miho

Author:miho
中国の女優兼映画監督、徐静蕾(シュー・ジンレイ)を中心に、アジアの映画&明星を追いかけます。

Hiro Hayama
アンケート
無料アクセス解析
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。