スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公開初日、興収850万元突破!!

4月15日に封切られた《杜拉拉升职记》、初日の興収が850万元を上回ったそうです!!
日本円に換算すると、約1億1千万円

《越光宝盒》の567万元を抜いて、今年に入って上映された中国語映画の木曜日初日上映の1日の売上における新記録だって!!!

おめでとう

各地の映画館、客入りは70%を超えていたそうです。

16日に誕生日を迎えた静蕾さん、「何よりの誕生日プレゼントだわ!」と喜んでいるそうですよ^^

記事はこちらなど。

Lala with Stanley Huang-7



静蕾さんのBLOGも久々に更新されてます。こちら

タイトルは「最好的生日礼物(最高の誕生日プレゼント)」
BLOGによれば、興収870万元、観客数27万人、上映回数6628回、だそうです!!!

「私はもう何百回と見てるけど、見る度にまだまだ問題があると思うわ。もっと努力を続けなきゃ!」を謙虚な静蕾さんです。



いや~、すごいですね。
この作品は絶対ヒットするだろうなと思ってはいましたが、初日からこの数字はすごい!
日本にも早く来て~~~
スポンサーサイト

生日快楽!!

Happy Birthday

Lala22.jpg


今日16日は、静蕾さんのお誕生日です。
静蕾さんにとって、素晴らしい一年になりますように


祝你新的电影圆满成功



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
インタビューの続きや、映画のこと、現地でのニュースなど、書きたいことは色々あるのですが、
今、自分のことでいっぱいいっぱいで、BLOGに注ぐ心的気力や余裕がありません・・・

最近《杜拉拉》という検索ワードで、このBLOGに辿り着く方が多いようなので、
静蕾さんのこと、映画のこと、もっとたくさんお伝えしたいのですが。。。

それに、台北の旅行記もほったらかしで、気になっているのですが。。。



もう少し落ち着いたら、またゆっくりBLOGに向き合える時間ができると思いますので、
その時まで、こんな中途半端な状態が続くかと思いますが、どうぞご理解ください。

《新浪明星汇》インタビュー①

新浪ネットの《新浪明星汇》に出演した時のインタビュー記事があったので、訳してみました。
前回、《新宿事件》に関してのインタビューを訳した時は、中国語の先生に添削してもらいながらやったので、意味としては間違いはなかったと思うのですが、今回が自力でやっているので、果たして私の読解が正しいかどうかは分かりません。。。
2つ以上の意味を持つ単語など、これはどっちの意味だろう?と迷ったときは私が勝手に判断しましたので、いつものことですが、その辺はご容赦の上お読みください。
ところどころ、自分で訳した日本語を読んで自分でも意味?なところもありました・・・(笑)
その辺りはテキトーに流してください。。(爆)

長いので3回ぐらいに分けようと思います。
記事はこちら
動画はこちら


**************************
王莹:親愛なる新浪网をご覧の皆さん、こんにちは。《新浪明星汇》へようこそ。
私は司会の王莹です。今日のゲストは徐静蕾さんです。ようこそ老徐。

徐静蕾:こんにちは。

王莹:同時にここには特別に徐さんのファンの方々をお招きしました、皆さんこんにちは。
私は今日このような特別な衣装を着ています。徐さんはこの服にまつわる話を知っていますよね。

徐静蕾:私が映画の中で着たのとそっくりね。

王莹:まだ言わないことにしましょう、スリルは残しておいて、いいでしょう、次に一緒に《杜拉拉升职记》の予告編を見ましょう。皆さんにもお見せします。

~VCR:《杜拉拉升职记》予告編~

王莹:徐さん、なぜこのような職場小説を選んで、監督をしたのですか?

徐静蕾:この小説が現代人の生活にかなり近いと思ったからよ。私はずっと中国には一種の映画が足りないと思っていたの。まさに真の意味でとても近代的な、現代生活のファッショナブルなスタイルを表現できる映画ね。
だから杜拉拉の小説を読んだ時、映画の題材にするのにいいと思ったわ。小説を元に色々描けるから。


王莹:公開より前に見た人の評価では、いくつかの言葉を使って、あるネットユーザーは“目の保養になり、美を追求し、リラックスする”と言いました。これはあなたが欲しい評価ですか。

徐静蕾:えぇ、初めからこの作品は、楽しくて、人物は現実感があって、美しく、きれいで、音楽は明るく、流行りの感じで、ファッショナブルで都会的な映画にしようと決めていました。

王莹:撮影の準備段階では、この作品で女優としての出演はないと言われていましたが、どうして自分で演じようと思ったのですか?

徐静蕾:もともと自分で演じれば手間が省けるからよ、前の3作でも自分で監督して自分で主演したわ。

王莹:疲れ果てたでしょう。

徐静蕾:そうでもないわ、ただ一度監督だけっていうのを試してみたかったの。俳優としてじゃない仕事ってどんな感じなのかって。最初は私は演じるつもりはなくて、もっと年齢の若い(主人公の)シナリオを書いていたの、最初の第4稿まではね。大学を卒業したばかりの女性を書いていたの。

続きを読む

プロフィール

miho

Author:miho
中国の女優兼映画監督、徐静蕾(シュー・ジンレイ)を中心に、アジアの映画&明星を追いかけます。

Hiro Hayama
アンケート
無料アクセス解析
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。