FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北~3日目~8th Sep 2007

この日は故宮博物館に直行。小籠包食べてばっかりでは、何しに行ったの?と言われかねないので(笑)、とりあえず有名どころを押さえとこうと出かけました。
友達も私も芸術より食い気、だったのですが、行ってみたらやっぱり圧巻でした。
かの有名な「翠玉白菜」はやっぱり綺麗だったし、景徳鎮の陶器の美しさは見とれるほどでした。
年代ごとに移り変わる陶器の特徴とかは面白かったし、イスラム文化のコーナーは中国文化との違いが顕著で興味深かったです。
が、そんな芸術も空腹には勝てず(朝から何も食べてなかったので)早々に切り上げて『点水楼』へ。
タクシーの運ちゃんに「点水楼に行って~」と頼むと「ブーハオツー、ブーハオツー」と連呼され、ハオツーって何?と思ったら「好吃hao3chi1」のことだったのね…
「ここはおいしくない、おいしくない。もっといいとこ知ってるよ!」って言われたけど、変なとこに連れてかれても困るし、、、と思い「でも私たちは点水楼に行きたいの!」と主張したら案外あっさり「分かった、分かった」と引き下がった運ちゃんなのでした。
さてさて。ここが最後の小籠包です。お昼時だったこともあるだろうけど、ここが一番観光客が多くて賑わってました。
今まで食べた中で一番皮が薄いかんじ。どれも美味だったけど、私はやっぱり『京鼎楼』が一番好きかなー。スープの味が一番好みかも。肉そのものは『鼎泰豊』のがジューシーな気がしますけど。『美人湯包』も忘れ難いお味。
それにしても、『点水楼』は店内が凍りつくかと思うほど寒くて、味わうより何より早くここから出たい!と思っていたのは内緒です…(笑)

この後は特に行き先を決めてなかった私たち。
ガイトブックによれば近くに『行天宮』があるので行ってみることに。
入口近くに水道があって、みんなざるを持って洗っていて、何事?と思いながら中に入っていくと、、横に並んだ木のテーブルの上にお供え物がズラーリ。あの水道でみんなお供え物の果物を洗っていたのです。
長ーいお線香をもらってはみたものの、お参りの仕方がよく分からず。。。とりあえず見よう見まねでお参り。どうやら反対側でも同じことを繰る返すらしく、とりあえずやってみました。おみくじでもやりたかったけど、どうすればいいのか分からずそのまま退散…

連日歩きっぱなしでかなり疲れていたので、行天宮の近くにあるマッサージ通りみたいなところで足ツボマッサージをやってみることに。どこにしようかなー悩んでいるととあるお店の看板の前でおばちゃんに中国語でベラベラ話された…
早すぎて全然分からなくて、日本語で聞き返したら「アラッ、日本人デシタカ!台湾人ニ見エタ。台湾人ポイ顔シテル」と言われた。。えっ、私って台湾人ぽいんだ!?初めて言われました。
案の定モーレツに痛かった!胃腸が弱ってるといわれたけど、それは連日の小籠包選手権のせいでしょう、きっと。。。

マッサージのおかげでかなり足は軽くなり、リーホンコンサの時間を確認しに、台北駅近くのCD屋さんへ。
出発前にリーホンファンのお友達から、私が滞在中に中正紀念堂で野外コンサートがあるよ!と教えてもらっていました。
ほんとはこの時間は、出張で台湾に来る会社の人と食事の約束があったのですが、急遽出張がなくなったとのことで、予定がなくなったのです。
ひそかにラッキー!!と思った私。。。笑。だって、リーホンコンサみたかったんだもの!!

コンサは18時半から。駅前のカフェで時間つぶして、17時半頃中正紀念堂へ。
ちょっと遠目だけど、階段に座って待つこと1時間。全然始まる気配なし。。。
結局始まったのは19時40分ぐらい。
『色・戒』でベネチアに行ったこととか、アルバムタイトルのように今年は自分を変えなくちゃとかそんなことを話してました。もっと勉強してMCが聞き取れるようになりたーい!と切に思いました。
『愛在[口那]裡』では曲の合間に「Oh~、愛在Zhe裡!!」とか言ってファンと握手したり、リーホンはノリノリで楽しいコンサでした☆

コンサが終わってから『好記担仔麺』へ。
ここはガイドブックにも必ず載ってるとこですが、『新純香』の店員さんがおいしいからオススメ!と教えてくれたので行ってみることに。
考えたら初めて小籠包以外の食事!?
看板の担仔麺、おいしかったでーす☆
小さめサイズがもうちょっと食べたい!という気にさせてくれていい感じです。
当初は最後に士林夜市に行く予定でしたが、ここで友達と長々おしゃべりをしてしまっため、けっこういいお時間に。
ということで夜市はあきらめて帰途に着きました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

miho

Author:miho
中国の女優兼映画監督、徐静蕾(シュー・ジンレイ)を中心に、アジアの映画&明星を追いかけます。

Hiro Hayama
アンケート
無料アクセス解析
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。